よくある質問

費用が高い?中国ビジネスは難しい?治安は大丈夫か?その疑問にお答えします。

よくある質問

実際中国にいかなくても分かることがたくさんあると思います。下記以外で気になるところございましたら、お気軽にご連絡ください。

Q:中国は治安が悪いですか?

Whether China is the security is bad?

よくある質問

A:東南アジアに比べると非常に良いといえます。 実は良く助けてくれる方が多く、びっくりされる方も多くいます。 注意するところは、海外から来た旅行者等には高い料金を支払って当然だという考え方をする中国人は少なくありませんから、 取引などでは、この点に注意されるといいと思います。

Q:中国で法人を設立する場合は、外国籍でも問題ないのですか?

Can also corporation established in foreign nationality?

よくある質問

A:事前準備は必要ですが、法律上全く問題ございません。中国各地で弁護士等の提携がございますので、 安心してお任せいただけます。ただし近年あります、チャイナリスクのことを考えると中国人の代表者をたてることをおすすめします。
更に中国の法人設立時に、外国籍の場合は、最低資本金がかなり高額になります。
例:最低資本金が低いコンサルティング設立時、中国籍:10万元(約160万円) 外国籍:10万米ドル(約1,100万円)

Q:中国駐在員事務所と中国会社設立の違いとは!?

Representative office is the difference between a company founded! ?

よくある質問

A:まず大きな違いは駐在員事務所は直接的な国内の営業は不可能であるという事です。つまり調査をしたり、事務所としてだけで営業している分にはまったく問題はないわけですが、出来る業務範囲に限度があるのです。
さらにデメリットとしては直接中国人を採用できないという事なのです。
中国進出のほとんどの場合、資本金が必要ですが、出来る業務にあまり制限のない法人設立をお勧めいたします。